スポーツ

【動画あり】日本室内陸上2020で4人がフライング失格!男子60メートル障害決勝

2020年2月1日に行われた「陸上・日本室内選手権」で凄いことが起こりました。

男子60メートル障害決勝で8人中4人がフライングで失格となりました。

こんなことあるんですね!

この記事では、日本室内陸上2020で4人がフライング失格となった動画をご紹介します。

スポンサーリンク

日本室内陸上2020で4人がフライング失格動画

動画はこちら!

凄いですね・・・

4人がフライングで失格とか前代未聞です。

スポンサーリンク

日本室内陸上2020で失格になった選手は?

1回目のスタートで失格になった選手は以下の選手です。

5レーンの泉谷駿介選手(順大)

6レーンの金井大旺選手(ミズノ)

7レーンの和戸達哉選手(麗沢瑞浪AC)

 

これだけで十分凄いですが、フライング失格はまだ続きます。

4レーンの野本周成選手(愛媛陸協)

以上の4名が失格となり、3レーンから8レーンが空いた状態で3回目のスタートをしました。

3回目はスタートに成功し、石川周平選手(富士通)が優勝しました。

 

 

 

スポンサードリンク