スポーツ

NBAプレーオフ2020の日程、放送/配信、出場チーム、仕組みまとめ!

2020年4月18日からNBAプレーオフが始まります。

長いレギュラーシーズンを勝ち抜いた16チームが優勝を目指してトーナメントを戦います。

今回は、NBAプレーオフ2020の日程、放送予定、出場チーム、仕組みなどについてNBA観戦歴25年の筆者が書いています。

この記事を見ればNBAプレーオフ2020について全てわかるように書いていますのでぜひご覧ください!

スポンサーリンク

NBAプレーオフ2020の日程

まずは、NBAプレーオフ2020の日程から確認しておきましょう。

※日程は日本時間です。

NBAプレーオフ2020の日程

4月18日〜 ファーストラウンド

4月下旬〜5月上旬 カンファレンスセミファイナル

5月中旬〜 カンファレンスファイナル

6月5日〜(予定) NBAファイナル

上記の日程になっています。

 

注目のNBAプレーオフ初戦は4月18日からスタートします!

試合の勝敗によって多少スケジュールが前後することがあるので、カンファレンスセミファイナル以降の日程はわかり次第更新します。

NBAプレーオフ2020の放送予定

NBAプレーオフ2020 放送

NBAプレーオフ2020は楽天が運営する「NBA Rakuten」が独占配信します。

【初月無料】NBA RakutenでNBAプレーオフを視聴する!

 

「NBA Rakuten」はインターネット経由で視聴するサービスでいつでもどこでもNBAを楽しむことができます。

配信する試合は全試合ライブ配信で見逃し配信にも対応しています。

 

「NBA Rakuten」の主な特徴は以下の通りです。

・配信する試合は全試合ライブ配信&見逃し配信

・日本語実況、解説、通訳付き

・対応の製品使用でテレビでも視聴可能

・ハイライトやオリジナル番組の配信

・オフライン再生可能

今年は「NBA Rakuten」でしか配信されないので、「NBA Rakuten」に申し込みすれば今シーズンは完璧です!

今年のプレーオフは「NBA Rakuten」で盛り上がりましょう!

【初月無料】NBA RakutenでNBAプレーオフを視聴する!

NBA Rakutenは無料期間あり!

NBAプレーオフ2020 放送

「NBA Rakuten」は初月無料キャンペーンを開催しています!

無料キャンペーン対象者は以下の通りです。

・NBA Rakutenを初めて使う

・「BASIC PASS」月額プランに入る

 

「NBA Rakuten」の料金プランは以下の通りです。

BASIC PASS TEAM PASS LEAGUE PASS
内容 注目の試合を週9試合以上配信 1チームの全試合配信 全試合配信
月額 990円
→初月無料
1430円 2640円
年額 7700円 15400円 19800円

プレーオフから見る方は「BASIC PASS」の月額プランで十分です。

【初月無料】NBA RakutenでNBAプレーオフを視聴する!

NBAプレーオフ2020の地上波やBSやWOWOWでの放送は?

NBAプレーオフ2020は楽天が運営する「NBA Rakuten」が独占配信します。

楽天は2017年にNBAの放送権を取得しました。

 

その関係で、これまでNBAの放送をしていたBS1やWOWOWでのNBA放送が終了しました。

地上波ではNBAはさすがに放送されないですね。

楽天はNBA配信に力を入れているので、今後も楽天でのNBA配信が続くと予想されます。

NBAプレーオフ2020のNBA League Passでの配信は?

今までNBA配信をしていた「NBA League Pass」。

こちらも配信が終了しています。

日本では楽天がリーグパスの一部を運営してましたが、今シーズンから全て楽天が運営するようになりました。

「NBA League Pass」と「Rakuten NBA Special」のサービスが統合され、「NBA Rakuten」が誕生しました。

NBAプレーオフ2020 放送

先ほど「NBA Rakuten」の料金表をご紹介しましたが、その中の「 League Pass」プランが今までの「NBA League Pass」にあたります。

とにかく日本のNBA放送は楽天が支配しているということですね!

【初月無料】NBA RakutenでNBAプレーオフを視聴する!

NBAプレーオフ2020の出場チーム


NBAプレーオフ2020に出場するチームをまとめました。

※記事執筆時点ではバックスとラプターズのみがプレーオフ進出を決めています。

イースト

イーストの出場チームは以下の通りです。

ミルウォーキー・バックス

トロント・ラプターズ

 

ここからは予想です。

ボストン・セルティックス

フィラデルフィア・76ers

インディアナ・ペイサーズ

マイアミ・ヒート

ブルックリン・ネッツ

オーランド・マジック

ネッツくらいまではほぼ決定ですね。

あと1つの枠をマジックとウィザーズで争うかたちです。

日本のNBAファンにとっては、八村塁選手が所属しているウィザーズにプレーオフ進出してくれると嬉しいですね。

ウエスト

イーストの出場チームは以下の通りです。

まだプレーオフ進出チームは決定してません。

 

ここからは予想です。

ロサンゼルス・レイカーズ

ロサンゼルス・クリッパーズ

デンバー・ナゲッツ

ユタ・ジャズ

オクラホマシティ・サンダー

ヒューストン・ロケッツ

ダラス・マーベリックス

メンフィス・グリズリーズ

レイカーズからマーベリックスまではほぼ決まりです。

残り1枠をグリズリーズ、ペリカンズ、ブレイザーズ、キングス、スパーズあたりが競います。

 

仮に現時点(3月7日)の順位でプレーオフが開催されるとこんな組み合わせになります。

スポンサーリンク

NBAプレーオフの仕組み

NBAプレーオフの仕組みを簡単に解説します。

NBAプレーオフは82試合のレギュラーシーズンを戦った東西の勝率上位8チームが進出します。

プレーオフはトーナメント形式で行われ、4戦先勝方式で行われます。

プレーオフファーストラウンドの組み合わせは以下の通りです。

1位 vs 8位

2位 vs 7位

3位 vs 6位

4位 vs 5位

 

昨シーズンのプレーオフの組み合わせは以下のツイートの通りです。

勝率の高いチームにホームコートアドバンテージが与えられ、ホームから試合を行うことができます。

東西の優勝チームがNBAの頂点を決めるNBAファイナルを戦います。

NBAプレーオフ2019の最終結果

昨シーズンのプレーオフの結果をまとめました。

最終結果は以下のツイートの通りです。

優勝:トロント・ラプターズ

ファイナルMVP:カワイ・レナード

2019年はトロント・ラプターズがフランチャイズ史上初の優勝を果たしました。

ラプターズはカナダに本拠地を置くNBA唯一のチームで、アメリカ以外の本拠地のチームが優勝したのも史上初でした。

カワイ・レナードがラプターズに移籍して1年目で結果を残しました。

プレーオフに入ってからのレナードの活躍は神がかってました。本当にすごかった!

ウォリアーズはスリーピートを目指しましたが、怪我人が続出。

5年連続ファイナル進出の代償は大きかったですね。

NBA歴代優勝チームとファイナルMVP選手


過去10年の優勝チームとファイナルMVP獲得選手をまとめました。

年代 優勝チーム MVP
2019年 ラプターズ カワイ・レナード
2018年 ウォリアーズ ケビン・デュラント
2017年 ウォリアーズ ケビン・デュラント
2016年 キャバリアーズ レブロン・ジェームズ
2015年 ウォリアーズ アンドレ・イグダーラ
2014年 スパーズ カワイ・レナード
2013年 ヒート レブロン・ジェームズ
2012年 ヒート レブロン・ジェームズ
2011年 マーベリックス ダーク・ノビツキー
2010年 レイカーズ コービー・ブライアント

キング、レブロンは2011年〜2018年まで8年連続でファイナルに進出しました。

今年で17年目に入るレブロンですが、今だにNBAを牽引してますね。

今シーズンも大活躍でレイカーズを優勝候補のチームに引き上げています。

まとめ

今回は、NBAプレーオフ2020の日程、放送予定、出場チーム、仕組みなどについて見てきました。

NBAプレーオフ2020は、4月18日〜始まります。

放送は「NBA Rakuten」が独占放送します。

【初月無料】NBA RakutenでNBAプレーオフを視聴する!

今年は混戦でどのチームが優勝するのか予想が難しいシーズンです。

NBAが一番盛り上がるNBAプレーオフ2020を楽しみましょう!

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク