テレビ番組

超逆転スクープ5ネタバレ&ラスト結末まとめ!13歳少女ジェイミー誘拐/悪女ビクトリア追跡

2020年2月15日放送の「土曜プレミアム」では「目撃!超逆転スクープ5」が放送されました。

放送内容は以下の通りです。

・13歳の少女ジェイミー・クロスは監禁生活から生還できるのか?

・母親を殺害されたナディアが悪女・ビクトリアを探し出せるのか?

この記事では、「目撃!超逆転スクープ5」のネタバレ情報をまとめています。

スポンサーリンク

超逆転スクープ5ネタバレ&ラスト結末まとめ!


「目撃!超逆転スクープ5」のネタバレ情報をまとめています。

13歳誘拐・監禁事件

消えた13歳の少女を追え!恐怖の監禁88日間の全記録2018年10月、アメリカ・ウィスコンシン州の民家で惨劇が起こった。通報を受けた警察が駆けつけると、夫婦の射殺体が発見された。しかし一人娘のジェイミー・クロス(13歳)の姿はどこにもない。銃を持った謎の男によって両親を殺され、100km以上離れた山小屋に連れ去られ、監禁されていたのだ。果たして彼女は、この生き地獄のような監禁生活から生還できるのか?

引用元:https://www.fujitv.co.jp/premium/index.html

犯行時間はわずか4分。目撃者は0人。現場での指紋もなかった。

 

ある日の夜、ジョットガンを持った男が家に近づいてきた。

それに気づいた13歳のジェイミーは両親を起こす。

ジョットガンを持った男はドア越しに発砲。様子を見に行った父親は射殺された。

母親はジェイミーを連れてバスルームへ。しかし、犯人に捕まる。

母親はジェイミーの目の前で射殺された。ジェイミーは車で誘拐された。

 

母親の通報を受けた警察はジェイミーの家に向かう。その時、犯人の車とすれ違ったがまさか犯人の車とすれ違うとは思ってもいなかった。

ジェイミーの悪夢の監禁生活が始まった。

 

すぐにボランティア2000人が捜索。2週間後4000件の情報が集まるが目撃情報は0。

ある日、ジェイミーの自宅に侵入したとしてカイル・アニスを逮捕。取り調べの結果、ただの下着泥棒だということが判明した。

 

ジェイミーを誘拐した犯人はジェイク・パターソン。21歳の男だった。パターソンはクラスでも目立たない存在だった。

パターソンはある日、自分に挨拶してくれたジェイミーを見て誘拐を決意。毛髪を全て剃るなど用意周到に犯行を計画・実行した。

 

事件発生から2ヶ月。ジェイミーはパターソン外出の隙を見て脱走を試みるも失敗に終わる。

 

事件発生から88日目。ジェイミーはパターソン外出の隙を見て脱走を試み、監禁部屋からの脱出に成功する。

真冬の雪の中、必死で逃げるジェイミーと追う犯人。

ジェイミーは犬の散歩をしていた女性に保護された。

パターソンはその後逮捕。

ジェイミーは叔母に引き取られ、学校にも通い始めた。

スポンサーリンク

国際指名手配ビクトリア…追跡900日

海を越えて逃亡した「世紀の悪女」!母を殺された娘…2年半執念の追跡 ニューヨーク在住のロシア人女性・ナディアは、ロシアに住む母親の隣家にビクトリアと名乗る美女が引っ越してきてから、母親と連絡が取れなくなった。心配してロシアに帰国すると、家に母親の姿はなく、隠し財産も消えていた。さらに防犯カメラの映像をきっかけに、ビクトリアが母親を殺していたことが発覚。ナディアは、捜査官を誘惑して国外へ逃亡した悪女・ビクトリアを探し出せるのか?

引用元:https://www.fujitv.co.jp/premium/index.html

国際指名手配犯の悪女・ビクトリア。母親を殺害したビクトリアを追う女性の記録。

 

ニューヨーク在住のロシア人女性ナディアの母親はロシアに住んでいた。

母親の住む家の隣に引っ越してきたのがビクトリアだった。

ビクトリアは来週ニューヨークに行くというので母親はナディアへの届け物をビクトリアに預けた。

預けたものはコート2着と66万円だった。

しかし、届け物が届かないことを不審に思ったナディアは母親に届け物を返してもらうことを助言。

その後、母親とは連絡が取れなくなった。

 

ナディアはすぐにロシアに帰国。自宅に戻ると母親の姿はない。宝石類と金銭が盗まれていた。

ナディアはビクトリアを呼び出した。ナディアが母親の居場所を聞くとビクトリアは「あなたの母親はまだ生きているわ」と意味深な言葉を残し去っていった。

ナディアの母親捜索が始まる。

 

ナディアは道路に設置してある防犯カメラを徹底的に調査。執念で母親が乗った車を発見する。

その車はレンタカーだった。調べるとビクトリアが借りていたことが判明した。

母親捜索中、ナディアは母親の死を知る。そこで犯人であるビクトリアの取り調べが始まった。

しかし、取り調べ中にビクトリアは美貌で捜査官を誘惑。捜査官はそれに乗ってしまいビクトリアを取り逃がすという大失態を犯す。

 

ビクトリアは殺人容疑で国際指名手配されていた。ナディアは執念でビクトリアを探す。

ビクトリアは偽造パスポートでナディアの住むニューヨークに来ていた。

ナディアはニューヨークの探偵、ハーマン・ワイズバーグに捜査を依頼した。ハーマンはビクトリアのFacebookを徹底調査した。

すると、ある手がかりが。Facebookの写真からビクトリアの乗っている車を特定。

 

そんな中、ビクトリアはニューヨークで新たな犯行を重ねていた。

出会い系サイトで知り合った男性に食事を提供。ビクトリアは料理に毒を盛る。男性は意識不明になるがその後奇跡的に生還した。

その後もビクトリアは犯行を重ねたが、ある日窃盗の容疑で逮捕された。ビクトリアは捕まるもなぜか釈放された。

理由は失態を犯していたロシア警察がビクトリアの指紋すらとっていなかったので、同一人物と判断できなかったためだった。

 

探偵のハーマンはビクトリアのFacebookの写真からビクトリアの住居アパートを特定した。

そんな中、ビクトリアはさらに犯行を重ねる。親しくなった女性に毒入りのチーズケーキを食べさせた。

しかし、この女性は大家によって助けられ奇跡的に意識を取り戻した。

 

自宅を特定した探偵のハーマンは張り込みを重ねる。ハーマンの執念もあり、ビクトリアの写真撮影に成功。逮捕に近づく。

ビクトリアの釈放を恐れたハーマンは新聞社にニュースを売ることで大々的に報道させた。

その効果もあり、ビクトリアは釈放されずに逮捕された。

 

スポンサードリンク